e-MACSなら破格の値段でお店を持てる

お店

集客できる貸し物件探し

大阪での貸店舗探しでは、お客にとっての入りやすさをまず考えましょう。アクセス良好で、人が集まる立地が理想です。ただし郊外でも、工夫により集客は可能です。家賃が安いので、予算に余裕がない場合などは検討する価値があります。貸店舗の広さも大切で、業態やお客のターゲットに応じて選ぶ必要があると言えます。

無店舗で低資金での開業は

メンズ

短期間で技術習得が可能

通常は多額の資金を必要とする独立開業の中でも、店舗や商品在庫を持たない無店舗営業のスタイルを選べば低資金で開業できるものです。中でもハウスクリーニング業はお客様の自宅を直接訪問して仕事をする業務スタイルのため、順調に仕事さえ得られれば低資金でも高収益が期待できます。とは言え技術力と信頼性が求められるハウスクリーニング業は、独立開業するのに大きな不安も付きものです。そんな人でも信頼度の高いフランチャイズに加盟してその看板を掲げることにより、加盟しない場合と比べて安定した仕事を得ることができます。ハウスクリーニング業界にも多くのフランチャイズがある中で、確かな技術力とサポートで知られるe-MACSは全国に多くの加盟店を展開しています。フランチャイズの一員となるには加盟金と研修費の他、資材や機材に関する費用・保証金といった初期費用が必要です。後は年会費と月額の広告協賛金を支払うだけでそれ以外に高額なロイヤリティなども発生せず、自身の才覚で稼いだ分だけ収入が増える仕組みとなっています。ハウスクリーニングの開業で特に苦労するのは仕事を取ってくることにありますが、e-MACS加盟店は本部から案件の紹介が得られるため自分で営業回りをする必要がありません。e-MACSはもともと床の滑り止め加工技術を開発したことからスタートした経緯もあり、UVコートやフロアコーティングにも高度な技術を持っています。住宅で一般の人が実施するのが困難な床のメンテナンスを柱に、e-MACSでは住宅リニューアルやクリーニングなども含めた多くの分野で事業を展開しているのです。e-MACSに加盟すればこれらの専門技術を短期間で習得できる上、技術力に不安が残る場合でもフォローを受けられます。e-MACSの持つ技術力への信頼をフランチャイズ加盟店でも共有できることから、開業後も安定して営業を続けていくことができるのです。

スーツの人

あらゆる業態に対応可能

インドネシアで会社設立する際には進出形態を決める前に外資参入の規制対象になっているかいないか業種を確認する必要があります。業種によっては外資での参入自体が禁じられている業種もありますので現地を熟知したパートナーと二人三脚で活動するのが賢明です。

握手

巨大なマーケット

東南アジアはこれから発展が見込める地域であり、なかでもインドネシアには市場開拓のチャンスが多くあります。ここを企業戦略の拠点としたい方はコンサルティング会社を頼るといいでしょう。サービスとして市場調査や現地での店舗探しといったものを提供してくれます。