グルコサミン成分が凄い!【摂取方法を見ておこう】

膝や関節の痛みを感じたら

ひざ

サプリメントの飲み方

年齢とともに膝や関節に痛みを感じる人が増えてきますが、それはグルコサミンが減少している事が原因かもしれません。グルコサミンが減少すると、関節をスムーズに動かすためのクッションの役割を果たしている軟骨がすり減りやすくなるため、膝や関節に痛みや違和感が残ってしまうのです。グルコサミンは体内で作られるものですが、年齢とともに減少するため自ら摂取する必要があるのです。食事から摂ることができますが摂取が難しい成分であるので、サプリメントで摂るのが一般的でこれなら気軽にグルコサミンを摂ることができます。グルコサミンのサプリメントを飲むタイミングは食後に飲むのが良く、食前に飲むと胃が空っぽなので胃に負担がかかり荒れてしまったりするからです。しかしグルコサミンのメーカーが勧めている飲み方があり、朝昼夜に分けて飲むタイプや寝る前にまとめて飲むタイプなどがあるので、説明書をしっかりと読み正しい飲み方で摂取しましょう。またコップ1杯程度の水やぬるま湯で飲み、お茶やコーヒーにはカフェインが含まれているので、グルコサミンの吸収を阻害する可能性があるので必ず水かぬるま湯で飲むことが大切です。またグルコサミンのサプリメントを飲んだからと言ってすぐに効果が出るものではなく、最低でも1か月以上は飲む必要があります。そのため効果が出ないからとすぐに止めてしまうのではなく、長く続けることで効果が実感できるサプリメントなので、成分や価格などを比較して自分にあったサプリメントを選びましょう。

おすすめ記事一覧

サプリ

サプリメントの選び方

グルコサミンサプリメントには製造方法によって体内利用率が異なるため、効率よくを摂るためには酵素で抽出したN-アセチルグルコサミンがオススメです。またグルコサミンだけではなく、コンドロイチンなどの栄養素も併せて摂ると効果的です。

膝

積極的に食べたい食品

年齢にともなってグルコサミンの生産量が減るため、減ってしまったグルコサミンは食品から摂ることができます。しかし食品から摂るのは効率の良い方法ではないためサプリメントでグルコサミンを摂るのがオススメです。

ひざ

利用するメリット

グルコサミンは魚や肉のムコ多糖類に含まれている成分の一つで、軟骨のすり減り等を改善する働きが期待できる成分です。また抗炎症効果も期待できる成分となっている為、間接痛の痛みを根本的な改善が期待できるという魅力があります。