グルコサミン成分が凄い!【摂取方法を見ておこう】

積極的に食べたい食品

膝

食品よりもサプリメント

グルコサミンは人間の体内で生産され20歳頃までに生産のピークになるため、そこから徐々に減っていき50歳ことになると生産量はピーク時の半分にもなってしまいます。グルコサミンの生産量が減ってくると十分に軟骨が形成されなくなるので、膝などの関節に痛み、きしみなどの違和感を起こり変形性膝関節症の原因にもなりかねません。だから減ってしまった分は食事などで摂ることができるので、グルコサミンを多く含んでいる食品を積極的に摂るようにしましょう。グルコサミンを多く含んでいる食品と言ったらエビやカニの殻や甲羅で、殻や甲羅にはグルコサミンの原料になっているキチンが含まれています。しかし殻や甲羅は食べにくく、たくさん摂ることは難しいので牛・豚・鶏などの軟骨、うなぎ、フカヒレ、干しエビなどにもグルコサミンが多く含まれているので、食べやすい食品を選んで食べましょう。また山芋やオクラなどのネバネバした野菜にも含まれており、軟骨生成に欠かせないコンドロイチンも含まれています。しかしせっかく食事でグルコサミンを摂っても1部しか体内に吸収されないため、食事から摂るのは効率の良い方法ではないのです。効率よくグルコサミンを摂取するにはサプリメントがオススメで、確実に純度の高いグルコサミンを気軽に摂ることができます。サプリメントで摂取する際には54歳以下なら1000mg、55歳以上なら1500mgを目安に取るようにしてください。

おすすめ記事一覧

サプリ

サプリメントの選び方

グルコサミンサプリメントには製造方法によって体内利用率が異なるため、効率よくを摂るためには酵素で抽出したN-アセチルグルコサミンがオススメです。またグルコサミンだけではなく、コンドロイチンなどの栄養素も併せて摂ると効果的です。

膝

積極的に食べたい食品

年齢にともなってグルコサミンの生産量が減るため、減ってしまったグルコサミンは食品から摂ることができます。しかし食品から摂るのは効率の良い方法ではないためサプリメントでグルコサミンを摂るのがオススメです。

ひざ

利用するメリット

グルコサミンは魚や肉のムコ多糖類に含まれている成分の一つで、軟骨のすり減り等を改善する働きが期待できる成分です。また抗炎症効果も期待できる成分となっている為、間接痛の痛みを根本的な改善が期待できるという魅力があります。